ハートホームはお客様に寄り添う総合リフォーム会社です

国土交通大臣認可団体「RECACO」加入

リフォーム事業に10年以上携わり、 一定の要件を満たす事業者だけが 登録できる団体に加入しております。

有資格者多数在籍

調査・施工において専門的な知識を もった有資格者が対応いたします。

一都三県全域で幅広く活動

東京、神奈川、千葉、埼玉にて 現地調査および施工を 迅速に対応しております。

施工実績年間400件以上

一戸建てからアパート、 大型マンションなどの 依頼も多数受けております。

屋根外壁リフォームの相場価格まとめ

火災保険申請で0円無料修理 コラム

屋根外壁リフォームの相場価格まとめ

高田馬場に営業所をかまえ住宅保険を適応した原状回復工事を関東全域でお仕事させて頂いております株式会社ハートホームです。

火災保険申請で無料修理なら株式会社ハートホーム

今回はリフォームの相場はいくらになるのか場所ごとにまとめてみました。

 

—————————————————————————————————

—————————————————————————————————

火災保険申請で壁無料塗装

ご自宅の外壁にこのような塗装剥がれはありませんか?

 

外壁は365日台風や雨風にさらされ、日々ダメージを受けているため塗装の耐久性が必ずなくなってきます。

 

するとこのような塗装の割れが発生し、壁自体や壁の内側の劣化に繋がってしまします。

 

壁の工事と言っても補修工事、塗装工事、新装工事というように工事内容によって費用は様々です。

 

壁補修工事

—————

補修工事は主にヒビ割れや壁のゴムのシーリング部分などを直す工事のことを指します。

 

劣化の具合や補修の箇所によって変わってきますが費用はだいたい5万円〜80万円ほどです。

 

工事を行うヒビ割れの目安は幅1㎜以上です。

 

幅1㎜以上になると内側に水が侵入してしまい、建物の基礎や骨組みの劣化に影響を及ぼしてきますので補修の必要があるでしょう。

火災保険申請で無料シーリング補修工事

ヒビ割れや亀裂を補修する程度の一部の工事なら20万円以下の工事で済む場合が多いです。

 

しかし補修場所が2階部分や高い位置にある場合は足場代がプラスで10万~20万円かかります。

 

家全体のシーリングを交換する場合は足場代も加算すると40万円〜80万円の工事費が相場です。

 

壁塗装工事

—————

壁の塗装工事は使用する塗料の種類や壁の面積によって費用が変わってきますが一般的な戸建て住宅の平均は45〜70万円です。

 

価格の高い塗料の方が、耐久の年数も高い傾向にあります。

火災保険申請で全面無料壁塗装

塗装には3つの役割があります。

 

紫外線や汚れからカバーし壁自体の劣化を防ぐ耐久性の向上、建物の温度を保ち冬は暖かく夏は涼しく冷暖房効果を高める、外壁に雨や風で汚れが付着するのを防ぐセルフクリーニング効果です。

 

また、壁塗装は足場を組んで工事を行うため屋根塗装もまとめて行っ方が費用も抑えられ見た目も美しく統一できるのでおすすめです。

 

—————————————————————————————————

屋根


—————————————————————————————————

火災保険申請で屋根無料修理

屋根はご自宅を守る上で大変重要な役割をしていますが、普段屋根の状態をよくよく観察する事はそうないと思います。

 

まずは屋根の状態を専門の業者により診断してもらい、自宅の屋根がどのような状態になっているのか把握する事が大切です。

 

屋根全体をリフォームする方法としては「屋根塗装工事」「屋根葺き替え工事」の2種類が代表的な方法です。

 

屋根塗装工事

—————

屋根の傷みが比較的軽い場合、修理費を抑え同時に見栄えも良くしたい時に屋根塗装工事はオススメです。

 

塗装費用は壁と同じように使用する塗料と面積により変動しますが20万円〜50万円が相場です。

火災保険申請で屋根無料塗装

しかし費用だけで塗料を選ぶと確かに施工費用は安くなりますが、耐久年数が短くなるため塗り替えの頻度が多くなり結果的に経済的ではありません。

 

塗装に使う塗料に関しては施工業者と良く相談する事が大切です。

 

屋根葺き替え事

—————

屋根葺き替え工事は古い屋根を取り外し、新しい屋根を設置する工事の事です。

 

塗り替え工事ではカバーできないほどの傷みの場合葺き替えでのリフォームになります。

 

葺き替え工事を行う場合は屋根の下の防水シートまで交換するため、屋根材の耐久性も長く保てます。

火災保険申請で屋根無料葺き替え

屋根素材の種類は「スレート屋根」「ガルバリウム鋼板」「日本瓦」などで、費用の相場は70万円〜150万円です。

 

足場が必要かどうかも費用の上下に関係してきます。

 

日本瓦の接着に漆喰が使われている場合には足場代を含み30〜80万円がプラスでかかります。

 

—————————————————————————————————-

雨樋

—————————————————————————————————-

火災保険申請で雨樋無料修理

雨樋は普段気に留めることのない目立たない場所かもしれませんが、傷みを放っておくと建物の内部に雨水が侵入し内側からもダメージが広がってしまう恐れがありり、家屋を守る大切な場所です。

 

雨樋の修理や交換も面積や雨樋の素材によって変わってきますが一般的に3〜60万円です。

 

高所作業のため足場代も必要になってきますのでさらに20万円くらいがプラスでかかってきます。

 

雨樋修理

—————–

傷みの状態が悪くなければ一部の修理や交換で数万円の費用で済む場合もあります。

火災保険申請で雨樋無料交換

しかし建築の専門家から見るとマメにリフォームを行ってない限り、大抵の場合は一部に傷みが出てきたタイミングで他の箇所もダメージが出てきている可能性が高いです。

 

雨樋の耐久年月は約15〜20年と言われており、15年以上経っていれば全交換のタイミングと言えます。

 

雨樋全面交換

—————–

雨樋を設置してから15年以上経過しており、何もしてなければ全体的に歪みや凹みなどの傷みがある可能性が高いです。

火災保険申請で雨樋無料リフォーム

耐久年数を越え、全体的に傷みが出ている場合は全ての雨樋を新品に交換する必要があります。

 

そのような場合雨樋を支えている爪の部分も錆び付いてしまっている事が多いので一緒に新しく交換します。

 

雨樋の全体交換は素材によっても変わってきますが、一般的なご自宅で20万円〜60万円が相場です。

 

—————————————————————————————————-

火災保険に入っていれば上記のリフォーム工事が実質0円に行うことが出来るかもしれません。

—————————————————————————————————-

ご紹介させていただきました壁、屋根、雨樋を実費負担ゼロで修理する方法があるとしたらいかがでしょう?

 

ご自宅を建てられた方ならほとんどがご加入されている災保険を有効活用することが重要です。

 

ご加入されて方のほとんどが知らないのですが、火災保険は火事だけではなく風水害(台風や雨など)の被害も保証してくれなす。

 

こちらは都民共済・県民共済の公式ホームページに記載されている内容です。

 

風水害被害が保証範囲に含まれている事がしっかりと書かれています。

都民共済申請で実費負担無料修理

自宅の痛みが自然災害の被害でなくただの経年劣化と思っている方も多いのですが、ほとんどの場合は毎年の台風や長年の雨や風の被害が積み重なった結果、傷みという形で出てきているのです。

 

私共ハートホームは保険申請サポートのプロであり、建築のプロでもあるので専門的な知識を持った損傷箇所の調査から火災保険申請サポートまで自信を持って行なっています。

 

弊社は自社施工ですので施工の外注は行わず直接職人を抱えているため、一般的なハウスメーカーや工務店に比べて中間マージンをカットしています。

 

保険申請のプロが申請を行う事で十分な工事費を確保し、中間マージンをカットし、独自のルートで建材の価格を抑えて仕入れているので余った保険金を気になっていた箇所の工事費に充てられるケースも沢山あります。

 

リフォームや修理のことで何かお困りの際は必ずお力になれる事がありますので、お気軽にご連絡いただければと思います。

 

ブログをご覧の方でご自宅にお困りがございましたら、お気軽にご連絡下さい!

 

建築のプロたちがお客様をしっかりとサポート致します。

メールでのご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

弊社施工ブログをお読み頂きまして誠にありがとうございます。

 

弊社では皆様により安心して頂けるよう施工の一部をブログにて更新しております。

 

検索ページにて各種施工のキーワードを入れて検索して頂くと、その施工ブログを観覧することが出来ますので、是非ご覧下さい。

 

弊社施工で受注の多い雨樋工事ですが、雨樋は屋根面を流れる雨水を地上や下水に導く設備です。

 

こちらが機能していないと必要以上に外壁に水が掛かり部分劣化したり、雨漏れの原因となる可能性があります。

 

多くのご自宅では災害の影響を受けておりますので経年劣化と判断せずに、不具合や気になりましたお気軽にご連絡下さい。

 

※火災保険サポートに関して弊社では有資格者による調査を実施しておりますが、住宅調査の結果、自然災害の影響による損傷を見受けられなかった場合はお力にはなれませんので予めご了承下さい。
ハートホーム 0359852323

ハートホームニュース

●この度は令和2年2月20日に国土交通大臣登録団体である一般社団法人リフォームパートナー協議会(RECACO)の正会員となりました。

 

より精度の高い施工と教育を受けられるよう以前より加入審査・加入研修を行っておりましたが、2月19日の人会にて加入承認を頂き、今後は下記のロゴを使用させて頂きます。

住宅リフォーム事業者団体登録制度

住宅リフォーム事業者団体登録制度とは
一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会では、住宅リフォームに関する消費者向け・事業者向けセミナー(参加費無料)を行っています。また、リフォーム減税制度などの各種情報を提供しています。

 

皆様がより安心してお仕事をお任せ頂けるよう、そして施工・接客の教育を徹底することにより更に満足して頂けるようハートホームは取り組んで参ります。下記のURLから弊社加入を確認頂けます。

 

一般社団法人リフォームパートナー協議会

国土交通省「住宅リフォーム事業者団体登録制度」登録団体 RECACO

住まい再建事業者検索サイト

住まい再建事業者検索サイト
平成30年7月豪雨の被災住宅において、お住まいの地域の周辺にある補修工事に対応できる事業者を検索できるサイトです。

ハートホーム 0359852323

 

●ハートホームでは皆様がより弊社を身近に、そして親しみを感じて頂けるようマスコットキャラクターの制作を行っておりましたが遂に完成致しました。

名前は「たまちゃん」になります。

 

ハートホームの新しい仲間として何卒宜しくお願い致します。

たまちゃん 0359852323たまちゃん 0359852323

 

●日本損害保険協会によれば、2018年の西日本豪雨の保険支払い額は1956億円。これに対し、2018年の台風21号は1兆687億円と2011年東日本大震災の支払額は1兆2346億円だったことからほぼ匹敵する規模です。

 

令和元年台風15号・19号は平成30年の台風21号には及ばないものの数千億円の保険支払い額になるであろうと損保ジャパン日本興亜が見解を示しております。

 

例年のように発生する大型台風に対して各保険会社も迅速な対応を心がけておりますので被害があった場合は弊社までご連絡下さい。

 

●弊社では積極的な資格取得を会社方針としています。現在災害が増加傾向にあり、火災保険を活用してご自宅の回復工事を考えるお客様も増えております。

 

弊社でも多数の原状回復工事を手掛けておりますが、専門的な知識を学び正確に災害調査を行えるよう調査員は「自然災害調査士」や「住家被害認定士」の資格を取得しております。

 

その他にも工事に必要な資格も職長から職人まで積極的に取得をし、日々最新の法令や安全基準を学んでおります。

 

★保険申請にあたってご自宅の調査を致します★

保険会社に火災保険を申請した場合、必ず工事業者の見積もりや損害箇所の写真が必要となります。

 

弊社では無事故推進と建材や屋根が傷まないようハシゴを掛けて屋根の上に登るといった調査は基本的に行っておりません!

 

ドローンや高所カメラを使用してお客様も軒下から安心して調査を見られるよう工夫しております!

 

皆様によりご理解を頂くよう住宅保険を活用した特設ホームページを作成しましたので是非クリックして頂き、ご覧になって下さい!

ハートホーム 0359852323

ハートホームの理念

株式会社ハートホームでは「お客様の負担を可能な限り減らす」ことを信条に営業を行っております。

 

普段は縁のない保険申請や工事一式まで全て弊社にお任せ下さい、実費負担なくお家の雨樋工事や雨漏れ工事、カーポート等の補修工事をご提案させて頂きます。

 

そして業務自体は塗装工事・ブロック工事・雨樋工事・屋根工事・内装工事・外構工事・ハウスクリーニング・足場等の多岐にわたる総合住宅会社です!

 

住宅保険を活用した回復工事の場合、弊社は保険会社から補償金が降りてからではないと一切の工事着工は行いませんのでご安心下さい。

 

お客様のご信頼に答えられるよう経験豊富な職人達が施工を担当させて頂きます。

 

まだ一度も保険を使用したことはないが、我が家も使えるのか?といった疑問をお持ちの方はハートホームにお気軽にご連絡下さい、かならずお力になります!

 

こんな考えになってしまっていませんか?

 

・火災保険は火災だけしか使えないと思っている!

 

・雨樋や屋根材がいつ損害を受けたか分からない!

 

・保険の申請方法が分からないし申請しても無駄じゃないかと思ってる!

 

・火災保険の適用部位がどこなのか分からない!

 

・どうせ経年劣化だと思っている!

 

・自動車保険のように使用すると保険料が上がると思っている!

 

こちらのご質問には全てハートホームがお答えします!

 

火災保険は個人でも申請が可能ですが、見積りと損傷写真が必ず必要となります。

 

経験や知識のない会社が間に入ってしまうと本来、実費負担ゼロで可能となる金額より大幅に下回ってしまったりお見舞金程度しか出ずにトラブルになるケースも報告されています!

 

尚且つ、あまり大声では言えませんが、保険会社さんや代理店さんによっては不払いや申請妨害を行ってくる可能性もあり平成17年にも保険会社(生命保険も含め)の不払いで社会問題にもなりました。

 

弊社ハートホームでは現地調査、鑑定人立ち合い、申請サポート、回復工事までしっかりとお客様が満足して頂けるよう全力で努めております!

 

そして火災保険は様々な災害に適用しています!雨樋・屋根材・雨漏れ・外壁・カーポート・境界フェンス・水濡れによる内装の損傷など、さまざまな災害に対応しているのです!まさに家災保険ですね!

 

現在お自宅の損傷のお直しをお考えの方は、実費をかける前にハートホームお任せ下さい!必ずお力になります!

 

※弊社では保険会社から認定された損傷個所を最優先で修繕致します。お客様とのお約束が嘘にならないよう、不安や疑念を感じぬよう念入りなご説明をして、お仕事をさせて頂いております。

 

またご理解を頂けていない、回復工事をする気はなく保険申請のみのサポートを希望されている等、弊社が将来トラブルになる可能性があると判断した場合は誠に申し訳ありませんが、ご依頼をお断りするケースもございますので、予めご了承下さい。

 

弊社では保険申請に関する手数料やコンサルティング費用は一切頂いておりません。

 

お電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい!お問い合わせお待ちしております!

 

お電話でのお問合せはこちら

総合リフォームのハートホーム

そして弊社では個人住宅以外にもアパート関係の内装・外装・外構工事も行っております!

 

こちらも可能な限り火災保険・地震保険を使って工事を行いますので、リクエストがない限りは実費負担ゼロでの工事になり、多くのオーナー様から感謝のお声を頂いております。

 

入居者様からクレームが来た場合や早急な対応が必要ですよね!

 

入居者様に対しての施工計画のご説明やご挨拶を行い入居者様のストレスを軽減し、オーナー様にご納得頂けるよう努めております。

ハートホーム 0359852323

弊社では大型マンションの外装・内装工事も手掛けております。

 

弊社では多岐に渡る工事を行いますが、職人にも日々教育を行うと共に技術の向上に努めておりますので、施工にも自信を持って取り組みさせて頂いております!

外壁塗装から各所補修までオーナー様のオーダーに完璧に答える内容になっております。

 

こちらがその一例になりますので、是非見て頂ければ幸いです!

ハートホーム 0359852323

平成30年に発生した台風第24号チャーミーや令和元年に発生した台風第15号ファクサイ等の影響で関東でも家屋に大きな被害が出ております。

 

弊社では毎年のように発生する台風被害に対して被害の大小に関わらず火災保険を活用した実費負担ゼロ工事を行っており多数の実績を積んでおりますので、被害に遭われましたら是非弊社にお任せ下さい!

ハートホーム 0359852323

2018年1月に関東では大雪が降りました!その影響でカーポートが壊れてしまったり、バルコニーやサイクルポートの波板が落ちてしまったりと大きな損害がありましたが、こちらも火災保険を活用して実費負担ゼロで工事を行うことが出来ます!

 

それ以外にも雹に関する波板の損害や雨樋の破損も火災保険を活用することが出来ますので是非、施工例を見てみて下さい!

ハートホーム 0359852323

地震保険申請は7年前の東日本大震災以前に地震保険に加入していた東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の全ての住宅が対象であり災害時効がない状態になっております!

 

そして受け取る保険金は使途自由になりますし、自動車保険と仕組みは違いますので使ったからといって保険料が上がるわけでもなく、震度4以上の地震が来た場合、何度でも使用することが出来るのです!

 

尚、現在火災保険は入っていない、もしくは保険会社を変えたといった状況でも東日本大震災発生時に地震保険に加入していた場合は申請が可能です!

 

関東地方では保険会社から加入者に対しての告知義務はなく大半の方が地震保険申請ができることを知りません。

 

余談ですが平成17年に保険会社の不払い問題が大きく取り上げられましたが、人によっては個人で申請した場合、保険会社さんや代理店さんに「そんな申請は受付られません」と言われてしまったり、「対象ではありません」と言われてしまう場合が多々あり、スムーズに申請が出来ないといった場合が多く見受けられます。

 

酷い場合は申請妨害と捉えられる場合もあるのです。

 

もう一つは地震保険の場合は全損・半損・一部損害と大きく3つに分けられており、在来工法・枠組工法・鉄筋造・軽量鉄骨造によっても損害割合の計算方法も違います!

 

ご自宅の損害がどの区分に該当しているかは一般の方には分かりません。

 

現在、住宅保険に加入しているご家庭のほとんどは毎月継続して保険は掛けているが、一度も保険を使ったことがないというのが現状です!地震保険に関してこんなお考えになっていませんか?

 

・地震保険は家財にしか使えないと思っている!

 

・保険を使うと保険料が上がってしまうのではないかと思っている!

 

・ご自宅の損害がよく分かっていないから諦めている!

 

・そもそも、東日本大震災から7年経っているし時効だと思ってる!

 

・関東地方は地震による損害は対象だと思っていない!

 

・7年前は地震保険に入っていたがもうやめた!もしくは保険会社を変えたから無理じゃないか?!

 

上記の疑問は株式会社ハートホームがお答え致します!

 

弊社は回復工事の際にご希望があれば無料で調査を行っております、地震保険調査に関するコンサルティング費用や手数料は一切受け取っておりませんので、気になる方はお電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい!

 

※現在震災が発生してから約10年が経過しており、損害認定が難しくなってきております。基礎や外壁の被害が認められないケースも増えておりますので、ご注意下さい。

ハートホーム 0359852323

弊社では多数の屋根・外壁塗装の実績があり、破風や木部・金物部分の塗装のみも承っております。

 

そして地震保険や火災保険を活用して工事を行いますので一切の実費を掛けずに屋根塗装をされるお客様もいらっしゃいます。是非ご覧下さい。

ハートホーム 0359852323

上記以外にも弊社では外構工事やハウスクリーニングも手掛けており総合リフォームを生業としております。

 

出来る限りお客様のご負担を軽減し、常に職人の腕を磨き続け、安全第一を目指しながら日々施工を行っております。

 

ご自宅でお困りの際は、弊社までお気軽にご連絡下さい!

 

お電話でのお問合せはこちら

メールでのご相談はこちら

タイトルとURLをコピーしました