ハートホームはお客様に寄り添う総合リフォーム会社です

国土交通大臣認可団体「RECACO」加入

リフォーム事業に10年以上携わり、 一定の要件を満たす事業者だけが 登録できる団体に加入しております。

有資格者多数在籍

調査・施工において専門的な知識を もった有資格者が対応いたします。

一都三県全域で幅広く活動

東京、神奈川、千葉、埼玉にて 現地調査および施工を 迅速に対応しております。

施工実績年間400件以上

一戸建てからアパート、 大型マンションなどの 依頼も多数受けております。

社外活動

令和元年台風第15号・台風第19号災害義援金のご報告

この度は令和元年9月9日に発生した台風15号(ファクサイ)令和元年10月12日に直撃した台風第19号(ハギビス)で被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

台風15号の傷跡が癒えぬ中での記録的な台風直撃にて大きな被害となっており、ハートホームでは出来る限りの支援を行っていく考えでございます。

 

弊社では台風15号の際にも社内にて義援金を募りましたが、この度の台風19号も同様に義援金を募り日本赤十字社を通してお振込みをさせて頂きました。

 

一日でも早く安心して暮らせる住まいに戻れるよう粉骨砕身の活動をさせて頂きますと共に、皆様の傷が少しでも和らぐようお祈り致します。

 

プランインターナショナル支援のご報告

以前より、弊社ではお客様から頂いた収益を社会貢献に繋げられないかと考えておりましたが、この度プランインターナショナルジャパンの活動に感銘を受け支援をしていくことを決定致しました。

 

海外の途上国では過酷な現実で生きる子供たちがおり、満足いく教育を受けることが出来ずに身体的暴力や人身売買の危険と隣り合わせの状況があります。

 

弊社ではご信頼を頂いたお客様からの収益がハートホームを通して途上国の子供たちの支援に繋げることで、お客様一人ひとりが支援者にもなり、途上国の子供たちの未来を守ることにも繋がると考えます。

 

支援を決定して手続きを進めておりましたが、この度支援を行うチャイルドが決定したとプランインターナショナルから連絡がありました。

 

バングラデシュに住んでいる5歳女の子のマリアちゃん、ご両親もご健在で、三人兄弟の末っ子です。

 

プランインターナショナルのチャイルド支援は18歳になるまで継続されます、ハートホームが責任を持って皆様から頂きました収益を、遠い国の女の子の成長支援に繋げて参ります。

 

今後はチャイルドにギフトや手紙を送ることも出来るようなので、積極的に行って参ります。また進展がございましたらご報告致します。

2020年10月8日支援チャイルドとの交流

本日プランインターナショナルを通じてマリアちゃんからお手紙の返信がございましたので、ご報告致します。

 

弊社では支援決定後にマリアちゃんに初めましてのお手紙と日本の風景写真をお送りしておりましたが、本日お手紙に対する返信と友好の印としてマリアちゃんの手形を頂きました。

 

まだまだ新型コロナウイルスの混乱もございますが、今後ギフトを含めた支援も考えておりますので、進捗がございましたらご報告致します。

 

こちらがお手紙と手形になります。

タイトルとURLをコピーしました