悪質なリフォーム業者や火災保険申請代行業者にご注意下さい!

近年自然災害の増加に伴い消費生活センターや保険会社にクレームや相談が多くなっているようです!弊社でもお客様から「こういった業者がいた」、「過去にこういった経験をした」といった情報が寄せられており代表的な例をいくつかご紹介致します。

悪質なリフォーム業者や火災保険申請代行業者にご注意下さい!

①火災保険申請のみを行い工事をせずに高額な申請手数料を請求してくる

火災保険の申請支援のみで下りた金額の40%~50%以上の手数料を請求する業者がいるようです。

まず保険金を受け取ったにも関わらず工事をしなかった場合、次回からの保険金を受け取れなくなる可能性が非常に高くなります。

保険会社には前回申請した際の資料が残されております、再度風水雪害の被害があった場合に前回シッカリと修理を行っているかのチェックがあり直していない場合、保険申請を受けられなくなるのです。こちらは保険会社を変えても情報は共有されていますので誤魔化せません。

本来修理を前提とした申請であり保険会社では損害の写真と見積もりを参考として原状回復工事に必要な金額を算出して支払います。その支払われた保険金から40%~50%以上の手数料を引かれてしまった場合、残りの保険金で認められた箇所の工事を請け負う会社や工務店がいないといったケースが実際のご相談でございます。

弊社は工事を前提とした保険申請になりますので火災保険申請に関する手数料は一切ありません。

6/18追記:現在、成功報酬型で手数料を取る会社が流行っており、お客様とのあいだで様々なトラブルが起きております。大手損保会社は代行会社のリストアップを進めており、該当会社はサービスセンターから注意喚起と指南が入るよう取り組みがされています。十分お気を付けください。

②虚偽の内容で保険申請を行う

こちらは屋根の上に登り人為的に屋根材を破壊したり雨樋や波板を破損させて申請を行う悪質業者がいるようです。屋根の上に登られてしまうと下からではなにをされているか分からず建材を壊したり、一度わざと瓦をズラして写真を撮りこんな損傷があったと報告するケースがあります。

火災保険の申請は必ず申請後に保険会社の鑑定人や委託された一級建築士が損傷を確認します。

人為的な損傷か自然災害かはシッカリと判断されますし、そういった業者は負い目があるため鑑定の立ち合いに参加しないケースが多いようです。

追記となりますが、令和2年4月20日には保険申請代行業者が虚偽申請を行い詐欺未遂で2名の逮捕者が出ております。この際に受け取る保険金の50%を報酬としていたようです。

最近ではドローンや高所カメラを用いて行う業者も増えており、弊社でも高所カメラの調査を採用しております。屋根の上に登らず地上からお客様も損傷状況を確認出来る取り組みを行っております。

6/18追記:4/20に全労済に虚偽申請を行い、2名の申請代行業者が逮捕されています。2名は以前にリフォームを行ったお客様に対して施工前と施工後の写真を利用しあたかも災害で壊れて工事を行ったよう見せかけ保険金を騙し取ろうとした疑いのようです。成功のあかつきには50%の報酬を貰う契約を結んでおりました。こちらはお客様自身も詐欺の片棒を担いだと判断されない危険な行為です。絶対にお止め下さい。

③保険が下りる前に工事着工されたり、実費負担ゼロと言っていたのに追加請求をされた

こちらは多くの方が懸念される事案ですが、実際に問題になっているのが現状です。屋根外壁のリフォームを行うご家庭ではご年配の方も多くいらっしゃいますが、上手く話しを持っていき必ず保険が下りるから先に工事を進めようと強引に着工したり、工事を進めている中であれもこれもしなければいけないと終わってみたら保険金外までの請求を行ってくる業者もいます。

火災保険は請求すれば請求した金額が丸々おりるといったものではありません。鑑定し査定した後に損害に対して金額が確定しますのであらかじめ金額は分かりませんし経年劣化と判断された場合は結果おりないといったケースもございます。

弊社では保険が下りてからの工事着工になり、特別なリクエストがお客様側からない限り実費負担の請求を行うことは一切ありません。

④契約書を交付しない(契約書の内容が明確ではない)

業者によっては工事請負契約書や業務委託契約書を交付することなく保険申請や工事を勧める業者もいるようです。後々の言った言っていないといったトラブルになりかねませんし、法律上違法になります。

弊社では必ず工事請負契約書を交付しております。契約書を交わさずに工事を進めるといった例外は今まで一度もありません。

⑤工事契約書の内容に沿って工事を行わない

問題になっているケースとして見積もりの中には架設足場代が含まれているのにも関わらず足場をかけずにハシゴで作業する業者もいるようです。

通常足場は安全対策や近隣の方に対しての配慮も含まれておりますが、万が一作業中に事故が起きた時に足場を組んでいない場合、事故に対しての保険の適用がされません。

足場を設置することは当たり前のことなのですが、高額な費用が掛かるため足場を抜いて作業を行う悪質な業者もおります。

弊社では基本的に足場から工事までが自社施工になり、当然のことですが工事請負契約書の内容に沿って施工を行います。

 

弊社では上記に一切該当しておりません。常にお客様が安心して工事を依頼出来るような取り組みと納得頂ける施工を心がけておりますので、ご安心下さい。

〇雨樋は屋根面を流れる雨水を地上や下水に導き設備ですが、こちらが機能していないと必要以上に外壁に水が掛かり部分劣化したり、雨漏れの原因になってりします。多くのご自宅では災害の影響を受けておりますので経年劣化と判断せずに、不具合や気になりましたお気軽にご連絡下さい。
ハートホーム 0359852323

☆ハートホームニュース☆

●この度は令和2年2月20日に国土交通大臣登録団体である一般社団法人リフォームパートナー協議会(RECACO)の正会員となりました。より精度の高い施工と教育を受けられるよう以前より加入審査・加入研修を行っておりましたが、2月19日の人会にて加入承認を頂き、今後は下記のロゴを使用させて頂きます。

皆様がより安心してお仕事をお任せ頂けるよう、そして施工・接客の教育を徹底することにより更に満足して頂けるようハートホームは取り組んで参ります。下記のURLから弊社加入を確認頂けます。

一般社団法人リフォームパートナー協議会 http://recaco.net/

ハートホーム 0359852323

●ハートホームでは皆様がより弊社を身近に、そして親しみを感じて頂けるようマスコットキャラクターの制作を行っておりましたが遂に完成致しました。名前は「たまちゃん」になります。ハートホームの新しい仲間として何卒宜しくお願い致します。

たまちゃん 0359852323たまちゃん 0359852323

●日本損害保険協会によれば、2018年の西日本豪雨の保険支払い額は1956億円。これに対し、2018年の台風21号は1兆687億円と2011年東日本大震災の支払額は1兆2346億円だったことからほぼ匹敵する規模です。令和元年台風15号・19号は平成30年の台風21号には及ばないものの数千億円の保険支払い額になるであろうと損保ジャパン日本興亜が見解を示しております。例年のように発生する大型台風に対して各保険会社も迅速な対応を心がけておりますので被害があった場合は弊社までご連絡下さい。

 

●東日本大震災発生時に地震保険に加入していた場合、関東でも地震保険を使用出来る可能性が非常に高いです。体感的な被害がなかったとしても関東では震度5を記録しており、ほとんどの建物に地震によるダメージが見受けられるからです。大きくアナウンスはされませんが現在、東日本大震災に関する地震保険申請は時効がなくなっており現在でも受付をおこなっております。心当たりがある方は一度ご連絡頂ければと思います。

★保険申請にあたってご自宅の調査を致します★

保険会社に火災保険を申請した場合、必ず工事業者の見積もりや損害箇所の写真が必要となります。

弊社では無事故推進と建材や屋根が傷まないようハシゴを掛けて屋根の上に登るといった調査は基本的に行っておりません!ドローンや高所カメラを使用してお客様も軒下から安心して調査を見られるよう工夫しております!

皆様によりご理解を頂くようホームページをリニューアルしましたので是非クリックして頂き、ご覧になって下さい!

ハートホーム 0359852323

株式会社ハートホームでは「お客様の負担を可能な限り減らす」ことを信条に営業を行っております。

普段は縁のない保険申請や工事一式まで全て弊社にお任せ下さい、実費負担なくお家の雨樋工事や雨漏れ工事、カーポート等の補修工事をご提案させて頂きます。

そして業務自体は塗装工事・ブロック工事・雨樋工事・屋根工事・内装工事・外構工事・ハウスクリーニング・足場等の多岐にわたる総合住宅会社です!

弊社は完全成功報酬であり施工も保険会社から保険金が降りてからではないと一切の工事着工は行いません。お客様のご信頼に答えれるよう施工も一級建築士監修のもと行う現場もあります!

まだ一度も保険を使用したことがないが我が家も使えるのか?といった疑問をお持ちの方はハートホームにお気軽にご連絡下さい、かならずお力になります!

こんな考えになってしまっていませんか?

① 火災保険は火災だけしか使えないと思っている!

② 雨樋や屋根材がいつ損害を受けたか分からない!

③ 保険の申請方法が分からないし申請しても無駄じゃないかと思ってる!

④ 火災保険の適用部位がどこなのか分からない!

⑤ どうせ経年劣化だと思っている!

⑥ 自動車保険のように使用しても保険料は上がりません!

こちらのご質問には全てハートホームがお答えします!火災保険は個人でも申請が可能ですが、見積りが必ず必要となります、交渉力のない会社が間に入ってしまうと本来、実費負担ゼロで可能となる金額より大幅に下回ってしまったりお見舞金程度しか出ずにトラブルになるケースも報告されています!

尚且つ、あまり大声では言えませんが、保険会社さんや代理店さんによっては不払いや申請妨害を行ってくる可能性もあり平成17年にも保険会社(生命保険も含め)の不払いで社会問題にもなりました!

弊社ハートホームでは現地調査、鑑定人立ち合い、交渉、工事までしっかりとお客様が満足して頂けるよう全力で努めております!

そして火災保険は様々な災害に適用しています!雨樋・屋根・雨漏れ・敷地内の外壁・カーポート・テラス・アンテナの倒壊等、さまざまな災害に対応しているのです!まさに家災保険ですね!

現在お自宅の損傷のお直しをお考えの方は、実費をかける前にハートホームお任せ下さい!必ずお力になります!

お電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい!お問い合わせお待ちしております!

お電話でのお問合せはこちら

ハートホーム 0359852323

そして弊社では個人住宅以外にもアパート関係の内装・外装工事も行っております!こちらも可能な限り火災保険・地震保険を使って工事を行いますので、リクエストがない限りは実費負担ゼロでの工事になり、多くの感謝のお声を頂いております。

入居者様からクレームが来た場合や早急な対応が必要ですよね!入居者様に対しての施工計画のご説明やご挨拶をシッカリと行いオーナー様にご納得頂けるよう努めております。

ハートホーム 0359852323

弊社では一般のリフォーム会社・住宅会社が行わない大型マンションの外装工事も手掛けております。弊社では様々な多岐に渡る工事を行いますが、職人にもシッカリと日々教育を行うと共に技術の向上に努めておりますので、施工にも自信を持って取り組みさせて頂いております!

外壁塗装から各所補修までオーナー様のオーダーに完璧に答える内容になっております。こちらがその一例になりますので、是非見て頂ければ幸いです!

ハートホーム 0359852323

平成30年に発生した台風第24号チャーミーや令和元年に発生した台風第15号ファクサイ等の影響で関東でも家屋に大きな被害が出ております。弊社では毎年のように発生する台風被害に対して被害の大小に関わらず火災保険を使った実費負担ゼロ工事を行っており多数の実績を積んでおりますので、被害に遭われましたら是非弊社にお任せ下さい!

ハートホーム 0359852323

2018年1月に関東では大雪が降りました!その影響でカーポートが壊れてしまったり、バルコニーやサイクルポートの波板が落ちてしまったりと大きな損害がありましたが、こちらも火災保険を使って全て実費負担ゼロで工事を行うことが出来ます!それ以外にも雹に関する波板の損害や雨樋の破損も火災保険を利用することが出来ますので是非施工例を見てみて下さい!

ハートホーム 0359852323

地震保険申請は7年前の東日本大震災以前に地震保険に加入していた東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県の全ての住宅が対象であり災害時効がない状態になっております!

そして受け取る保険金は使途自由になりますし、自動車保険と仕組みは違いますので使ったからといって保険料が上がるわけでもなく、震度4以上の地震が来た場合、何度でも使用することが出来るのです!

尚、現在火災保険は入っていない、もしくは保険会社を変えたといった状況でも東日本大震災発生時に地震保険に加入していた場合は問題なく認められます!

保険会社さんや代理店さんを悪く言うわけではありませんが、こういった地震保険に関する保険申請というのは我々のような会社が間に入ることでスムーズに申請を可能としているということがあります。

平成17年に保険会社の不払い問題が大きく取り上げられましたが、人によっては個人で申請した場合、保険会社さんや代理店さんに「そんな申請は受付られません」と言われてしまったり、「対象ではありません」と言われてしまう場合が多々あり、スムーズに申請が出来ないといった場合が多く見受けられます。酷い場合は申請妨害と捉えられる場合もあるのです。

もう一つは地震保険の場合は全損・半損・一部損害と大きく3つに分けられており、在来工法・枠組工法・鉄筋造・軽量鉄骨造によっても損害割合の計算方法も違います!

ご自宅の損害がどの区分に該当しているかは一般の方には分かりません。我々が入ることにより、事前にご自宅の損害状況が分り保険申請代行から鑑定人との立ち合いも同行しますので、スムーズにご自宅の状況を保険会社に把握してもらい申請を行うことが出来ます!面倒なことは全て弊社で対応しますので、ご安心下さい!

現在、住宅保険に加入しているご家庭のほとんどは毎月継続して保険は掛けているが、一度も保険を使ったことがないというのが現状です!地震保険に関してこんなお考えになっていませんか?

・地震保険は家財にしか使えないと思っている!

・保険を使うと保険料が上がってしまうのではないかと思っている!

・ご自宅の損害がよく分かっていないから諦めている!

・そもそも、東日本大震災から7年経っているし時効だと思ってる!

・関東地方は地震による損害は対象だと思っていない!

・7年前は地震保険に入っていたがもうやめた!もしくは保険会社を変えたから無理じゃないか?!

上記の疑問は株式会社ハートホームが解決致します!弊社は完全成功報酬で実費負担ゼロのお仕事をお約束しておりますので、気になる方はお電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい!

ハートホーム 0359852323

弊社では多数の屋根・外壁塗装の実績があり、破風や木部・金物部分の塗装のみも承っております。そして地震保険や火災保険を活用して工事を行いますので一切の実費を掛けずに屋根塗装をされるお客様もいらっしゃいます。是非ご覧下さい。

ハートホーム 0359852323

上記以外にも弊社では外構工事やハウスクリーニングも手掛けており総合リフォームを生業としております。出来る限りお客様のご負担を軽減し、常に職人の腕を磨き続け、安全第一を目指しながら日々施工を行っております。ご自宅でお困りの際は、弊社までお気軽にご連絡下さい!

お電話でのお問合せはこちら

ハートホーム 0359852323

メールでのご相談はこちら