ハートホームはお客様に寄り添う総合リフォーム会社です

10年の実績と各種長期保証

ハートホームは長期経営を迎え、各種工事に安心の長期保証を設けております。

有資格者多数在籍

調査・施工において専門的な知識を もった有資格者が対応いたします。

一都三県全域で幅広く活動

東京、神奈川、千葉、埼玉にて 現地調査および施工を 迅速に対応しております。

施工実績年間400件以上

一戸建てからアパート、 大型マンションなどの 依頼も多数受けております。

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

ブログ

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

豊島区に会社をかまえ関東全域でリフォーム、修繕工事のお仕事をさせて頂いております、株式会社ハートホームです。

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

皆さま弊社のブログをお読みいただきまして、誠にありがとうございます。

こちらでは日々弊社が行っている各工事の一部をブログにアップし、皆様がより弊社にご理解を深めて頂けるよう取り組ませて頂いております。

本日は 東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換 です。

ハートホームでは屋根塗装などを行う際に棟板金の交換を行うことがありますが、こちらは標準仕様で樹脂製の貫板を使用しております。

では樹脂製の貫板だとなにが良いのか?を踏まえて施工写真を見ていきましょう!

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

↑こちらは交換前の棟板金を外した状態になります。

木製の貫板が見えると思いますが、水を含んで黒く変色しているのが分かると思います。

このように水を含むことで釘が抜けやすくなり被せている板金が飛散してしまうことにも繋がるのです。

木材のメリットとしては「安い」「手に入りやすい」ということが挙げられますが、木材の貫板のデメリットとしては、やはり「水を吸収しやすい」ということがあります。
屋根は雨の被害を受けやすいのですが、木材は水を吸いやすいために劣化が早くなりがちです。
貫板が腐食、劣化していくことで板金を固定している釘も抜けやすくなってしまいます。

 

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

↑、こちらは貫板を外したお写真になりますが、この屋根の面と面を抑えているのが棟板金の役割になります。

見ての通り、棟板金がなかったら、この隙間から雨水が侵入して雨漏りに繋がるのは明白です!

 

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

↑、こちらが樹脂製の貫板です。こちらを新しく新設していきます。

こちらは樹脂製貫板「タフモック」です。
樹脂製貫板のメリットとしては、
・水、水分に強い
・柔軟性があって折れにくい
ということがあります。
木材は水を吸うという性質があるため腐りやすいという弱点がありましたが、樹脂製の建材は水に強いために雨水を吸いこんで腐るということがありません。

しかも耐用年数は驚異の30年です!

デメリットは金額が高いということが挙げられますね!

 

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

↑、この上から新しい棟板金を被せてコーキングで隙間などを納めていきます。

 

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

↑、その上から屋根で使用したカラーの塗料を塗り、完工となりました。

このようにハートホームでは利益を削り、お客様に高品質なリフォームに提供できるように使用する商品を徹底的にこだわっております。

家を購入した場合、人生では大きなリフォームが約2回~3回訪れます。

もちろん、このリフォームを大きな金額が掛かりますので、少しでも金額を下げて高品質なリフォームをとお考えになられると思いますが、そんな時は是非ハートホームにご相談下さい。

ハートホームではお客様の目線に立って、有資格者が最高のご提案をさせて頂きます!

是非、ご自宅のリフォームをお考えの際にはお気軽にご相談下さい!

ハートホーム社員一同、心よりお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

総合リフォームのハートホーム

ハートホームは豊島区に会社を構え、住宅やアパート・マンションの内外装全般・外構工事までを請け負う総合リフォーム会社です。

お客様がご安心して弊社にお仕事をご依頼頂けるよう様々な取り組みを行っております。

☆ウエンツ瑛士さん出演のWeB CMを公開しておりますので、是非ご覧下さい。☆

この度は弊社施工ブログをお読み頂きまして誠にありがとうございます。

弊社では皆様により、ご安心して頂けるよう施工の一部をブログにて更新しております。

検索ページにて各種施工のキーワードを入れて検索して頂くと、その施工ブログを観覧することが出来ますので、是非ご覧下さい。

弊社ではリフォーム・修繕工事の際に各種クレジットの取り扱いやローンでの施工も可能となっておりますが、自然災害で損傷があった場合は住宅保険を活用することが可能となっております。

多くのご自宅では災害の影響を受けておりますので経年劣化と判断せずに、不具合や気になりましたお気軽にご連絡下さい。

※住宅保険申請サポートに関して弊社では有資格者による調査を実施しておりますが、住宅調査の結果、自然災害の影響による損傷を見受けられなかった場合は、お力にはなれませんので予めご了承下さい。

ハートホームニュース

●ウエンツ瑛士さんが公式アンバサダーを務める「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」へ株式会社ハートホームが参画致します。

参画には東京商工リサーチなどの厳正な企業調査があり、参画承認を経て2021年7月13日よりウエンツ瑛士さんの肖像利用をハートホームで開始致します。

ウエンツ瑛士さんの肖像利用に関しては全て許可を経て使用しておりますので、ご了承ください。

 

●ハートホームでは皆様がより弊社を身近に、そして親しみを感じて頂けるようマスコットキャラクターの制作を行っておりましたが遂に完成致しました。

名前は「たまちゃん」になります。

今回モチーフとなった猫ですが、古くから猫は、幸運を招き、魔除けの効果があるとされてきました。

お客様の住環境を向上されるハートホームの新しい仲間として何卒宜しくお願い致します。

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

 

●弊社では積極的な資格取得を会社方針としています。現在災害が増加傾向にあり、火災保険を活用してご自宅の回復工事を考えるお客様も増えております。

弊社でも多数の原状回復工事を手掛けておりますが、専門的な知識を学び正確に災害調査を行えるよう調査員は「自然災害調査士」や「住家被害認定士」の資格を取得しております。

その他にも工事に必要な資格も職長から職人まで積極的に取得をし、日々最新の法令や安全基準を学んでおります。

 

●日本損害保険協会によれば、2018年の西日本豪雨の保険支払い額は1956億円。これに対し、2018年の台風21号は1兆687億円と2011年東日本大震災の支払額は1兆2346億円だったことからほぼ匹敵する規模です。

令和元年台風15号・19号は平成30年の台風21号には及ばないものの数千億円の保険支払い額になるであろうと損保ジャパン日本興亜が見解を示しております。

例年のように発生する大型台風に対して各保険会社も迅速な対応を心がけておりますので被害があった場合は弊社までご連絡下さい。

★住宅保険を活用した修繕工事が可能かどうか事前に無料にて損害調査を致します★

損害がある、ないに関わらず、調査費用や交通費は一切頂いておりませんので、ご安心下さい。

皆様によりご理解を頂くよう住宅保険を活用した特設ページを作成しましたので是非クリックして頂き、ご覧になって下さい!

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

保険会社に火災保険を申請した場合、工事業者の見積もりや損害箇所の写真が必要となります。

弊社では無事故推進と建材や屋根が傷まないようハシゴを掛けて屋根の上に登るといった調査は基本的に行っておりません!

ドローンや高所カメラを使用してお客様も軒下から安心して調査を見られるよう工夫しております!

お電話でのお問合せはこちら

ハートホームの理念

株式会社ハートホームでは 「お客様の負担を可能な限り減らす」 ことを信条に営業を行っております。

大切なご自宅の屋根工事、外装工事、内装工事、外構工事一式まで全て弊社にお任せ下さい、ご納得頂ける価格にてお家の屋根工事や雨漏れ工事、カーポート等の補修工事をご提案させて頂きます。

ハートホームは 屋根瓦板金工事 ・ 屋根外壁塗装工事 ・ 境界フェンスやブロック工事 ・ 雨樋工事 ・ 内装工事及びフルリノベーション ・ 仮設足場等の多岐にわたる施工を対応する総合リフォーム会社です!

住宅保険を活用した修繕工事の場合、弊社は保険会社から 補償金 が降りてからではないと、一切の工事着工は行いませんのでご安心下さい。

お客様のご信頼に答えられるよう 経験豊富な職人達 が施工を担当させて頂きます。

また弊社では通常通り 各種クレジット での工事施工や 提携銀行ローン での施工も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

東京都文京区で屋根塗装と樹脂製貫板棟板金交換

 

●住宅保険で修繕工事をお考えの方へ

住宅保険をまだ一度も保険を活用したことはないが、我が家も使えるのか?といった疑問をお持ちの方はハートホームにお気軽にご連絡下さい、かならずお力になります!

住宅保険やご自宅に対してこんな考えになってしまっていませんか?

・火災保険は 火災だけ しか使えないと思っている!

・屋根材 や 雨樋がいつ損害を受けたか分からない!

・保険の申請方法が分からないし申請しても無駄じゃないかと思ってる!

・火災保険の 適用部位 がどこなのか分からない!

・どうせ 経年劣化 だと思っている!

・自動車保険のように使用すると保険料が上がると思っている!

こちらのご質問には全てハートホームがお答えします!

経験や知識のない会社が間に入ってしまうと本来、実質負担額ゼロで可能となる工事金額より 大幅 に下回ってしまったり、お見舞金程度しか出ずに 工事会社とトラブルになる ケースも報告されています!

尚且つ、あまり大声では言えませんが、保険会社さん や 代理店さん によっては 不払い や 申請妨害 を行ってくる可能性もあり、平成17年にも保険会社(生命保険も含め)の不払いで社会問題にもなりました。

弊社ハートホームでは現地調査、保険鑑定人との立ち合い、保険申請サポート、修繕工事までしっかりとお客様が満足して頂けるよう全力で努めております!

そして火災保険は様々な災害に適用しています!

屋根瓦板金各所損傷・雨樋の歪みや破損・軒天井や破風板の損傷・雨漏れ・外壁材の破損・窓やベランダの破損や損傷・境界フェンスやカーポートの破損や損傷・水漏れによる内装の損傷など、さまざまな災害に対応しているのです!

まさに家災保険ですね!

現在お自宅の損傷のお直しをお考えの方は、実費をかける前にハートホームお任せ下さい!必ずお力になります!

※弊社では保険会社から認定された損傷個所を最優先で修繕致します。お客様とのお約束が嘘にならないよう、不安や疑念を感じぬよう念入りなご説明をして、お仕事をさせて頂いております。

またご理解を頂けていない、回復工事をする気はなく保険申請のみのサポートを希望されている等、弊社が将来トラブルになる可能性があると判断した場合は誠に申し訳ありませんが、ご依頼をお断りするケースもございますので、予めご了承下さい。

弊社ではあくまで修繕工事の工事費用軽減のために住宅保険を活用するご提案になりますので、保険申請に関する手数料やコンサルティング費用は一切頂いておりません。

お電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい!お問い合わせお待ちしております!

お電話でのお問合せはこちら

ハートホームの施工実績

弊社では 個人住宅以外 にもアパート関係の内装・外装・外構工事も行っております!

お客様のご負担を可能な限り減らす」ことが 弊社の信条 になります。

各自然災害 の損傷がある場合は火災保険・地震保険を活用して 修繕工事 を行いますので、実質負担額ゼロ での工事も可能となっております。

修繕費用 を軽減させ、ご満足頂ける施工を心がけており、多くのオーナー様から 感謝のお声 を頂いております。

もちろん 住宅保険 が活用できない場合でも弊社では通常通り、各種クレジットカード での支払いや 提携銀行ローン での施工も可能になりますので、お気軽にご相談下さい。

ハートホーム 豊島区

アパートオーナー様からのご依頼も多数ございます。

室内の 雨漏れ や 共有部の水漏れ から 入居者様のクレーム に繋がり、弊社にご相談頂くケースが多くなっております。

アパートの建材が損傷してしまい、入居者様からクレームが来た場合は早急な対応が必要ですよね!

工事を承った場合は入居者様に対しての 施工計画 の ご説明 や ご挨拶 を徹底して行い、入居者様の ストレス を軽減しオーナー様にご納得とご満足頂けるよう努めております。

ハートホーム 豊島区

 

弊社では大型マンションの外装・ 内装工事 や 共有部 の施工も手掛けております。

弊社では多岐に渡る工事を行いますが、職人にも日々教育を行うと共に技術の向上に努めておりますので、施工にも自信を持って取り組みさせて頂いております!

外壁塗装から各所補修までオーナー様のオーダーに完璧に答える内容になっております。

こちらがその一例になりますので、是非見て頂ければ幸いです!

ハートホーム 豊島区

 

弊社では多数の屋根工事・屋根外壁塗装の実績があり、最もご依頼の多い工事になります、板金工事や破風や木部・金物など付帯部塗装のみも承っております。

災害で損傷した場合は火災保険を活用して工事を行いますので、実質負担なく屋根修繕工事をされるお客様も多数いらっしゃいます。

弊社では可能な限り、実費負担を軽減する目的で住宅保険を活用致しますが、提携の銀行ローンやクレジットカードので工事も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

ハートホーム 豊島区

 

弊社では外構工事も非常に得意としており、10年以上の施工経験を持つ職人が施工にあたります。

内容は門扉門柱設置・コンクリート工事一式・境界フェンス撤去新設・ブロック工事・駐車場カーポート新設・カーシャッター新設など多岐に渡ります。

外構工事は非常に職人の腕のよし悪しが出ますが、弊社では今まで外構工事をご依頼して頂けた多数のお客様から喜びの声を頂いております。

是非施工検索からご覧下さい!

ハートホーム 豊島区

 

平成30年に発生した 台風第24号チャーミー や令和元年に発生した 台風第15号ファクサイ 等の影響で関東でも家屋に大きな被害が出ております。

弊社では毎年のように発生する台風被害に対して被害の大小に関わらず、火災保険を活用した 実質負担額ゼロ工事 を行っており多数の実績を積んでおります。

住宅に 自然災害 の被害が発生し 修繕工事 を ご希望 の方はお気軽に弊社までご連絡下さい!

経験豊富 な 熟練の職人 たちによる施工を お約束 致します。

ハートホーム 豊島区

 

2018年1月に 関東 では 広範囲 で記録的な 大雪 が降りました。

その影響で雨樋やカーポートが壊れてしまったり、バルコニー や サイクルポート の波板が落ちてしまったりと大きな損害がありましたが、こちらも火災保険を活用して実質負担ゼロで修繕工事を行うことが出来ます。

それ以外にも雹に関する波板の損害や雨樋の破損も火災保険を活用することが出来ますので是非、施工例をご覧頂ければ幸いです。

もちろん実費での施工リクエストも承っており、全て仮設足場から修繕リフォーム工事まで自社施工になりますので、他者に負けない価格と工事クオリティで勝負させて頂きます!

ハートホーム 豊島区

 

地震保険 で受け取る見舞金は使途自由になります。

自動車保険 と 仕組み は違いますので、利用したからといって保険料が上がるわけでもなく、 震度4以上 の地震が発生し損傷や損害があった場合、何度でも使用することが出来るのです。

東日本大震災 が発生した際は 関東地方 では保険会社から加入者に対しての 告知義務 はなく大半の方が 地震保険申請 ができることを知りません。

余談ですが平成17年に保険会社の 不払い問題 が大きく取り上げられましたが、人によっては個人で申請した場合、保険会社さんや代理店さんに「そんな申請は受付られません」と言われてしまったり、「対象ではありません」と言われてしまう場合が多々あり、スムーズに申請が出来ないといった場合が多く見受けられます。

酷い場合は申請妨害と捉えられる場合もあるのです。

もう一つは地震保険の場合は全損・半損(大半損・小半損)・一部損害と大きく3つに分けられており、在来工法・枠組工法・鉄筋造・軽量鉄骨造によっても損害割合の計算方法も違います。

ご自宅の損害がどの区分に該当しているかは一般の方には分かりません。

現在、住宅保険に加入しているご家庭のほとんどは毎月継続して地震保険は掛けているが、一度も地震保険を使ったことがないというのが現状です。

地震保険に関してこんなお考えになっていませんか?

・地震保険は家財にしか使えないと思っている!

・保険を使うと保険料が上がってしまうのではないかと思っている!

・ご自宅の損害がよく分かっていないから諦めている!

・関東地方は地震による損害は対象だと思っていない!

上記の疑問は株式会社ハートホームがお答え致します!

弊社はリフォーム修繕工事の際にご希望があれば無料で調査を行っております。

地震保険調査 に関する コンサルティング費用 や 手数料 は一切受け取っておりませんので、気になる方はお電話か下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい。

ハートホーム 豊島区

上記以外にも弊社では 特殊清掃 や 遺品整理 、 フルリノベーション も手掛けており 総合リフォーム となります。

出来る限り お客様 のご負担 を軽減し、常に職人の腕を磨き続け、 安全第一 を目指しながら 日々施工 を行っております。

ご自宅でお困りの際は、弊社までお気軽にご連絡下さい!

お電話でのお問合せはこちら

メールでのご相談はこちら

    タイトルとURLをコピーしました